パッヘルベル年表

パッヘルベルの生涯を年表にしてみました。

出来事
1653 9 1 ドイツのニュルンベルクに生まれる。
?     サン・ローレンツの高校に入学する。
ハインリッヒ・シュヴェマーに音楽教育の基礎を学ぶ。
作曲は、G.C.ヴェッカーに師事する。
?     アウディトリウム・アエギディアヌムに参加する。
更なる音楽教育を受ける為。
1669 6 29 アルトドルフ大学に入学する。
そこでは、オルガン奏者として活躍。
?     アルトドルフ大学を退学する。
学業を続ける為の父からの援助が不可能となった為。
1670   レーゲンスブルクのギムナジウム・ポエティクムに入学する。
同校にてカスパール・プレンツに音楽を師事する為の許可を受けている。
1673     ウィーンに発つ。
?     ウィーンにてシュテファン大聖堂の次席オルガニストとなる。
1677 5 4 アイゼナッハの宮廷オルガニストに就任する。
1678 6 19 エアフルトのプレディガー教会のオルガニストになる。
この教会に12間勤め、この間に主要な作曲家達と親交を結ぶ。
1681 10 25 バルバラ・ガブラーと結婚する。
1683 9   バルバラ夫人と幼い息子がコレラによって相次いで他界する。
1684 9 24 ユディット・ドロマーと再婚する。
5人の息子と2人の娘を授かる。
1690 8 1 シュトゥットガルドのヴュルテムベルク宮殿の音楽家・オルガニストに就任する。
マグダレーナ・シルビラ公爵夫人の後援があった。
1690 8 15 プレディガー教会のオルガニストを公式に辞職する。
1692   フランス軍戦略の為、シュトゥットガルドを去る。
ニュルンベルクに発ったが、2~3週の内にトゥーリンゲンに戻る。
1692 11 8 ゴータ市のオルガニストに就任する。
1695 4 20 ニュルンベルクの聖ゼパルドゥス教会のオルガニストのヴェッカーが死去。
同市は著名な同郷人のパッヘルベルを後任に希望し、パッヘルベルに招待状を送る。
パッヘルベルはゴータ市のオルガニストの解任要請状を提出し、ニュルンベルクに向かう。
1695     ニュルンベルクの聖ゼパルドゥス教会のオルガニストに就任する。
1706 3 3 生まれ故郷であるニュルンベルクの聖ゼパルドゥス教会のオルガニストととして永眠。
※ 追加解説
アイゼナッハとエアフルトに滞在中にパッヘルベルはバッハの一家と知り合う。大バッハの父アンブロジウスは、娘のヨハンナ・ユディットの名付け親にパッヘルベルを指名。またアンブロジウスは、息子のヨハン・クリストファーの教育をパッヘルベルに依頼した。
※ 補足
パッヘルベルの誕生日について、この年表では9月1日としておいたが、8月生まれとする資料もあり、8月が実際に生まれた日で9月1日は洗礼を受けた日である可能性が高い。
参考資料:
パッヘルベル:室内楽曲集/プロ・アルテ・アンティクア・プラハ (Pony Canyon Inc.)


<< カノンの種類 | パッヘルベルの作品リスト >>
トップへ戻る
1045056 Access